数学では平成13年から全学年小集団学習を始めました。
平成13年度は、
各学年4クラスを2つに分けて、1,2組をα、3,4組をβとした。
そのそれぞれを3つに分けて、G(グロース応用コース)、S(スタンダード標準コー ス)、B(ベイシック基礎コース)とした。
人数はGコースが32人、Sコースが25人、Bコースが15人程度でした。
内容は、Gコースが基本と応用問題をたくさん取り組む。多少早く進む。
Sコースが今までの速さで基本を重視し、応用問題も取り組む。
Bコースがとにかくゆっくり進み復習を重視し、全員がわかるよう工夫する。 ということで1年間実践してきた。

平成14年度は、
1,2年生は13年度と同様に2クラスを3つに分けた。
3年生はα、βをそれぞれ4つに分けた。
G(グロース応用コース)32人程度
S(スタンダード標準コース)20人程度
B1(ベイシック1基礎コース) 12人程度
B2(ベイシック2基礎コース)  7人程度 より復習と基本問題を重視
ということで1年間実践してきた。