<消防局では救急車の支援でPA連携を実施しています>
 
  「救急車を呼んだのに、消防車まで来た!」とビックリされる場合もあるかもしれませんが、

 例えば近くの救急車が出場中の場合、近隣消防署の救急車が到着するまでの間、先に到着した

 ポンプ車隊員が心肺蘇生処置等を行うことにより、救命率の向上が期待されます。ポンプ車隊

 員にも、救急隊員と同じ資格をもった隊員が乗っていますので安心してください。
  

   PA連携とは、消防ポンプ自動車(Pumper)が救急要請の内容により出場し、
    救急車(Ambulance)の活動を支援する連携活動のことで、
    双方の頭文字から「PA」とよばれています。

  



119番通報を受信した時点で、
階段や通路が狭く、傷病者の搬送が難しいとき、交通量が激しい場所等で傷病者や救急隊員の安全を確保する必要があるとき、
救急隊員だけでは対応が困難と判断した場合、
救急活動を支援するために消防隊を出動させる連携活動を行っておりますので、市民の皆様にもご理解とご協力をお願いいたします。



  サイレン音について  

 消防車が緊急に出場する時のサイレン音を区分して使用しています。

●[火災出場のとき]ウーカンカンカン、(サイレン音と警鐘の併用)

●[火災以外のとき]ウーウー(サイレン音のみ)
 
PA連携出場
 ・救助出場
 ・警戒出場
 ・水防出場  など