上級救命講習会を実施しました
  

                       日時:平成30年3月3日(土)

                          8時30分〜17時30分
                       場所:消防局屋内訓練場

当局では、市民に対する応急処置普及啓発活動の一環として、毎月月末 (土・日のどちらか)に普通救命講習を実施しています。今回、より詳しい応急処置について受講したいという市民からの要望もあり、当局として初めて 「上級救命講習」を開催しました。
  この講習では、これまでの普通救命講習のカリキュラムに加え、身近な物を使用した搬送方法や骨折時の固定方法など、身近な怪我から大規模災害時でも活用できる応急処置を学ぶことができ、長時間の講習ですが、多くの受講者から好評を頂きました。また、最後には、受講者でチームを組み、けが人が心肺停止に至るという想定でシミュレーションを行い、一日の講習内容を復習しました。
 なお、当日の受講者の中には、地域防災の中心的役割を期待されている女性消防団員や学生分団員もおり、市民の方たちと一緒に学びました。
  以下の写真は、当日の講習会の様子になります。


@三角巾を使用した止血方法
A三角巾を使用した固定方法
B毛布と竹棒を使用した簡易担架の作成
C傷病者の搬送方法
D傷病者の呼吸の確認と心肺蘇生法
EAEDの使用方法と上級救命講習修了証の配布(第1号)
※ 参加者には、HPで写真を掲載することの了承を得ています。