群馬県国際消防救助隊連携訓練を実施しました
 
                    日時:平成31年1月29日(火)
                       12時00分〜17時10分
                    場所:高崎市等広域消防局

 高崎市等広域消防局において、前橋市消防局との合同で、国際消防救助隊連携訓練を実施しました。
 この訓練では、県内登録本部間の連携活動により知識・技術の向上を図り、国際緊急救助隊派遣時に、安全かつ迅速な救助活動を行うことを目的に、実際の派遣を想定し、空港集合から出国準備、メディカルチェック、結団式、チームビルディングなど一連の流れを行った後、ブラインド方式で都市型捜索救助訓練を実施しました。
 今回の連携訓練で、県内登録隊員間の技術交流を図ることができ、大変有意義なものとなりました。
 今後も連携した訓練を継続し、知識・技術の拡充を図り、派遣体制に万全を期してまいります。
 
 以下の写真は、当日の訓練の様子です。
【仮想空港内で受付】  【出国準備】 
【メディカルチェック】  【結団式後の記念撮影】 
【旅客機内でのチームビルディング】  【BoO※1内でのミーティング】
【ASR2※2訓練@】  【ASR2訓練A】  
【CSRM※3訓練@】  【CSRM訓練@】 

※1 BoO(Base of Operation):被災国において、指揮本部を含むベースキャンプ

※2 ASR2(Assessment,Search&Rescue):生存者を救出できる可能性が高いサイトを特定すること。

※3 CSRM(Confined Space Rescue and Medicine):狭隘空間(身動きがとれないくらい狭い空間)における救助、医療、医療活動