≪ガソリンの取扱い等の留意事項≫



本文へジャンプ


 平成25年8月15日、京都府福知山市の花火大会会場で、露天商店舗が発電

機に使用していたガソリンにより火災が発生し、多くの死傷者が出ました。



 ガソリンや灯油などは、私たちの日常生活になくてはならない大変便利なものですが、取扱いを誤ると思わぬ事故につながる文字通り
「危険物」であります。
 
 特にガソリンは極めて火災危険の高い物質です。
 
 この事故を機会にガソリンの危険性を再認識し、取扱いには十分注意してください。



ガソリンの特性

◇ 引火点は、−40℃程度と低く、極めて引火しやすい。

◇ 揮発しやすく、その蒸気は空気より約3〜4倍重いので、滞留しやすく可燃性の雰囲気が広範囲に
 形成されやすい。

◇ 電気の不良導体であるため、流動等の際に発生した静電気が蓄積しやすい。


ガソリンの容器について

 ガソリンを入れる容器は、消防法令の基準に適合した「金属製容器」を使用してください。


 ※詳しくは、こちら↓をご覧ください。
 『ガソリン携行缶の正しい使い方』(危険物保安技術協会ポスター)


ガソリン取扱い時の注意事項
◇ ガソリンを取り扱っている時は、周囲に火気がないことを確認してください(人体に蓄積された静電気
 にも注意してください。)。

◇ ガソリン携行缶のエア調整ネジで容器内の圧力を下げ、ガソリンの溢れ、飛散等を防止してくださ
 い。

◇ 発電機等に燃料補給を行う場合は、エンジンを必ず停止してください。

◇ ガソリンの可燃性蒸気は空気よりも重く、滞留しやすい特性がありますので補給する際は、屋外など
 の風通しのよいところで行ってください。

◇ もしもの時に備え、消火器等の用意をしておいてください。

◇ 保管する場合は、直射日光が当たらない、通風、換気の良い場所に保管してください。





高崎市等広域消防局 予防課
TEL:027−324−2214
FAX:027−325−1228